2017/03/20

3月20日 石原慎太郎知事100条委員会出席

本日、都議会100条委員会に石原都知事が80分程度ですが、5会派の質問に答えました。石原氏の発言はしゃべりやすい時は饒舌ですが、不都合だととても短いようです。私どもの酒井議員の質問で「一橋大学の後輩の当時の上原東京ガス社長と会ったことは覚えていますか?」と聞くと「覚えていない(上原氏も先週の証言で「(会談の中身を)本来覚えてるはずだが覚えていない」旨の発言)」と答えた。
ただ、答えに困らないものは多弁になっており、その落差には驚いた。今日の委員会で、石原氏が部下に一任し、移転最終決断は自分がしたとした。また、小池知事には安全を安心と混同しているとしたが、酒井議員の「H20年の私の質問」に知事は『安心』の追求の旨を答弁していることを認めた。この後、実務的交渉をした元東京都幹部の招致が続くので、まだ全部が終わっていない。石原氏の空白を埋めていきたい。

2017/03/06

3月4日 豊洲特別委員会でモニタリング業者が「都の指示で異なる地下水採取方法で実施」と告白

3月4日、土曜日ですが、通常の都議会定例会の日程が予算委員会もあってタイトなためにこの日に豊洲特別委員会が開かれ、新市場の地下水モニタリング業者6社の参考人招致の質問がありました。会派「東京改革議員団」からは酒井大史、浅野克彦、中村ひろし議員が出席。第1回〜7回までベンゼン等が基準値内に収まっていたにもかかわらず、新市場の条例が設定され開場が可能になってからの第8回でヒ素等の201カ所中3カ所の基準値超えがあり、9回目にはベンゼンが最大79倍も検出、基準値超えの測定井戸数72カ所にもなった。余りの極端な上昇には何か原因があるのか?どちらかが不適当な測定だったのか?それとも後半で何かが変わったのか?ということで関係した業者の聴取となりました。
午前中に斉藤あつしは傍聴しましたが、10〜15分程度の業者からの説明、委員長の基礎的質問、各会派の5分以内の説明という手順でした。午後になり、5番目の業者「湘南分析センター(横浜市)」の番になった時に担当者が自ら、本来は一度溜まった水を除去(パージ)してその翌日までに新たに溜まった井戸水を検体として出すべきなのに、都職員から急かされてその日のうちに溜まった水を使った、と告白したのです。都の職員が責任を取るからと言われてやったが、それで出てきた数字が極端だったために暫定的な公表のされ方をした。結果、自分の会社の信用が損なわれて批判を受けている。議会からの要請があったので思い切って話した、との旨を告白しました。
このことによりこれまでの都の対応や検査の信ぴょう性は一気に下がりました。ますます市場の信用や安全性に疑問が増してしまいました。特に中央卸売市場本部の姿勢がさらに問われることとなったと言えるでしょう。

豊洲市場内の道路にある地下水モニタリング用井戸。測定目的の井戸なのでとても小さい

2017/03/03

3月3日 東京都福祉保健局からも小平市の小学校のノロウィルス食中毒について報告

立川市で発生したきざみ海苔からのノロウィルス食中毒ですが、報道のとおり小平市の第1小学校で児童26人が2月22日(水)、第11小学校で児童36人+教員3人に25日(土)から食中毒症状が発生した件について保健所を管福する福祉保健局より報告がまとめられた。被害にあった方にお見舞い申し上げます。
立川市と同じキザミ海苔が原因ではあったが、共同調理場ではなく自校調理法式だったために2校のみの発症となった。措置としては調理業務を自粛し、第1小学校は3月3日から3日間、第11小学校は同日より4日間の調理施設について食事調理施設供給停止とした。
皆様もノロウィルスは冬が流行本番ですので注意してください。

2017/03/01

2月28日 代表質問

第3会派となっての代表質問を尾崎大介幹事長が行いました。
特にこの中では築地市場の現地再整備案は検討中だったにもかかわらず石原都知事が急に豊洲移転を決めたことと、その後の議会での都議会自民党の動きに言及し、東京都の豊洲への移転決定の不自然な動きを追求しました。

質問する尾崎幹事長

2017/03/01

2月22日 100条委員会設置決定!

平成29年の本日は第1回定例会。この中で、私たちがかねてから主張していた豊洲市場特別委員会での100条委員会の設置が全会派一致で可決されました。
100条委員会を単独で設置しようとすると手続き的にスピードを損なうことが予想されたため、私どもの酒井大史理事が中心となって他会派に呼びかけ、実現へ至りました。しかし、本番はここからです!

前日の21日に記者会見を行い、記者に100条委員会の決定経緯を説明しました

2017/02/15

2月14日都議会新会派結成「東京改革議員団」

私たち「都議会民進党」と、旧東京維新の党解体後の会派「民進党都議団」が、調整に時間がかかりましたが、本日会派合流し、新会派「東京改革議員団」を結成しました。単に「民進党」的な名前にしなかったのはこれまで旧態の保守的な都政運営を維持しようとする勢力に対して改革を訴えてきた他会派にも合流を呼び掛けているためで、合流しやすい体勢づくりとして名前も主張をこめたものにしました。
そして、この日は都議会の豊洲新市場特別委員会理事会で私たちの会派の酒井だいし議員が理事会で石原慎太郎元知事、浜渦元副知事の早期の参考人招致を主張、異議を唱える会派と議論が紛糾したものの、主張を通して3月中の招致の結論を勝ち得ました。名前だけでない改革の力もスタート早々見せつけた訳です。(NHKニュースなどで結成会見に私がいないのは、さぼりではなく東京都社会福祉審議会に公務出席していたため。)

2017/01/05

1月4日 平成29年の仕事始めです

平成29年が始まりました。1月4日は仕事始めです。
小池都知事の挨拶回りの時には予想通り報道各社が分担して撮影していました。私も含めて知事としっかり握手をしました。
しかし、1月1日に「1年の計は元旦にあり」で、朝7時50分から15分間、小平駅南口ロータリーで、駅頭での都政報告をさせて頂きました。今年は風がなくて実に穏やかなスタートとなりました。

2016/12/28

12月25日、斉藤あつしが一般質問で「都立広尾病院の移転は課題山積では?」と指摘していた「370億円の青山一等地の用地買い入れ」を小池都知事が「白紙」と判断。

斉藤あつしは厚生委員会で、平成28年度予算に既に計上されている「都立広尾病院の移転用地取得費用370億円」の提案までの経緯において、2つの移転調査報告書が予算審議で公表されずに使われなかったことや、現地再整備の方法もあったのに、「移転ありき」で調査を進められたことを指摘し、公正公平な準備が進められなかったことを明らかにしていた。
この問題は週刊朝日などで「第2の豊洲(強引な移転を実行し、不適切な土地の取得工作があったのでは?)」と報道された。今回の目的は、国から厚労省所有の「こどもの城」跡地の買い入れを舛添前知事(元厚労大臣)が依頼され拙速に購入を決め、強引に買い入れ根拠を構築したのではないかというものである。

12月8日の一般質問では小池都知事に予定地は中高層ビルや住宅が多く、都立広尾病院の特徴である島からの救急患者のヘリ搬送の際に、ヘリのエンジン音(直近で110デシベルというすごい音)に対して周辺の理解が得られるか質問をした。その後の12月25日の「報道2001」で小池都知事が積極的に広尾病院に触れ、「予算執行は当然ないし、これからどうするかは白紙だ」と「白紙宣言」をした。都医師会も疑問を呈していたこの問題、私の調査も功を奏したか、370億円の過剰な投資をストップさせることが出来たと言える。
今年の締めくくりに朗報のビッグニュースであった。来年も頑張るぞ!

2016/12/22

12月20日 各会派の予算要望に参加

都議会第4回定例会が波乱の中で終了しました。当然「市場会計」決算は、都が虚偽の報告や答弁を繰り返したとして、不認定!しかし、都議会自民党はこれに認定と判断。ではあれがそれほどに正しい対応だと言うのでしょうか。しかし、都議会自民党と都議会公明党の判断が分かれたことが大きく報道されました。我々もこの採決は実に新鮮な形でした。
そして、20日には今年から小池都知事が直接補助金1億円以上の団体を中心に来年度の予算要望を受けるヒアリング。そして昨日は各会派のヒアリングが行われ、いつもの要望の時とは違う広い会議室でカメラを入れてヒアリングでした。
私どもからは働き方改革や文書管理条例、多摩の振興など日頃からの提言をしっかり要望しました。今年度は復活要望が無くなりこの1回でいいのでスッキリしました!なくても多分全然困らないでしょう。

2016/12/05

12月1日 都議会で小池知事が政党復活予算要望を終了。いいね!

第4回定例会が始まりました。その冒頭の小池都知事の所信表明がありました。ワイドショーや新聞でも話題になりましたが、所信表明の中で「(政党)復活予算要望を終了します」と宣言しました。ワイドショーではいろいろ言っていましたのでしくみがわかりにくいと思いますので説明をまとめますと、6兆円規模の予算枠の中から200億円だけ決めずに東京都が予算原案を決めて発表します。ただし、あと200億円決めていませんので(実際には概ね決めてある)「復活予算要望」を各会派から受け付けます。
原案で跳ねられた各種業界・団体に関係する予算要望がいくつもありますので、それをもう一度ここで要望して、最終的には「何とか予算に入る」という流れになるのです。それで議員によってはが各種業界・団体に恩を売る、らしいという構図だそうです。都議会民主党(当時)にはそういう文化がなかったので、以前にも私ども会派に復活予算要望を各局から説明に来た時に「わざわざ2段階に予算決めないで『これ大事だから外さないでくれ』ってもっと強く財務局に言ったら?」とか、離島の特養ホームの補助が予算原案に入って無い時は、私も「島の施設は人手不足で大変なんだからこんなの外すのはとんでもないよ」と怒ったことがあります。
意図的に原案から外して結局入れるのですから職員も私たちも2度手間。業界・団体は無用なハラハラです。ただ、議会でいくら質問してもこれは結局予算に入っているので仕組み上問題ではありませんから違法なわけではありません。与党側の要望がある限り変わりませんでしたが、今回、東京都から止めるのならこれはいいことです。いいところに目をつけましたね。大賛成です。

2016/11/01

11月1日 都議会閉会中も、今回は議会は大忙し。

先月10月13日に本会議が終了しましたが、元々小池都知事のパラリンピック閉会式参加の都合で開会が遅かった都議会第3回定例会の余波を受けて閉会日が後ろ倒しになり、13日に終了となった経緯があります。そのため、翌日からもう平成27年度決算委員会が始まり、休むまもなく質問の準備に入りました。結果として斉藤あつしが委員だった平成27年度各会計決算特別委員会のために、10月31日までの2週間以上都議会控え室に通うことになっていました。
斉藤あつしは平成27年度の振り返りとして調布飛行場での小型機墜落事故、H27年度一部開園が見送られた今話題の海の森公園、残念ながら補助申請が一件もなかった地中熱エネルギー導入支援などについて質問しました。
しかし、1日の今日はもう厚生委員会で福祉保健局全体への質問「事務事業質疑」で夜まで委員会です。今後はまだ開会未定の豊洲市場特別委員会などが続いて、閉会中でも閉会していないような都議会の状況です。地元事務所不在が続きますが、ご理解ください。

2016/10/15

10月13日 第3回定例会終了、市場幹部更迭も

10月6・7日の経済・港湾委員会で市場問題の集中審議があったため都議会民進党全員で夜中の1時、2時まで質問を作成・調整してきました。
その中で東京都中央卸売市場の様々な資料の隠ぺいが行われたことを追及する質問が出来ましたが、市場の答弁はのらりくらり。ひどいのは日建設計の提案書にあった「盛り土不要」という言葉が、小池都知事がリオから帰国した直後に提出された盛り土問題の「内部調査報告書」の経過年表にはあったのにも関わらず、30日に再提出された報告書から削除されていたことです。都はその理由を「地下空間がある」という文言があったので省いてしまった。という事であります。本来は「盛り土」がなかったことが問題の発端なのにいつの間にか焦点をすり替えて知事に報告していたのです。このような過去ではなく未だに胡麻化しているのです。
このような状況では真実は見いだせないと、都議会民進党は尾崎幹事長が他の会派との調整に尽力し、10月13日本会議最終日に豊洲問題の特別委員会設置までこぎつけました。
また、14日には我々の指摘した様々な関係書類の文章の大半が「海苔弁当」のような黒塗りになっていたことを受けてか、市場HPで文章の黒塗りを外して公開しました。この黒塗り資料の公開について14日のワイドショーで解説にわが会派の浅野克彦都議が呼ばれました。
また、金曜の知事会見では岸本市場長をはじめ、管理部長など4人の更迭・異動が発表されました。

2016/09/29

9月28日 小池都知事、都議会で所信表明

9月28日13時より都議会第3回定例会が行われ、小池都知事が初心表明を行いました。

傍聴券を取るため、朝5時に来た人もいたようです。12時の配布なのに10時半には70〜80人が来ていました。

所信表明は大体どの知事も20ページくらいですが、今回25ページ約40分と長いものでした。幅広くテーマに触れていましたが、東京都版給付型奨学金制度の導入や、五輪2020東京大会の3競技場の変更による経費削減は私どもと共有できる政策でした。そういうこともあって所信表明後は拍手しましたが、傍聴席から見ると良く分かったのでしょうけれど、拍手のするしないが分かれたようです。

2016/09/29

9月26日 小池都知事に都議会民進党が豊洲問題申し入れ

9月26日午前にリオパラリンピックからの帰国後、公務が目白押しの小池都知事に豊洲問題について申し入れをしました。その様子は昼のニュースでも放送されました。これまでの加工パッケージ棟視察などを踏まえて
●市場の安全性の徹底確保
●東京ガスからの買い取り経緯、地下空間が盛り土されなかった経緯、たまった水と空気の検査結果の公表
●土壌の安全性の再検証
●報道機関も含めた情報公開の徹底
●移転事業者への支援
を知事に申し入れ、知事もしっかりやっていくと答えました。
実際、28日の所信表明演説では、豊洲問題を一番に取り上げ、解明に努めると宣言しました。

過去の記事を見る場合はこちらをクリックください

ニュース

2017/3/24
メールアドレス変更のご連絡

3月21日からメールアドレス変更しました。ご不便おかけしますが、よろしくお願いいたします。
新しいメールアドレスはsaitoujimusho@outlook.comです。

2016/12/22
12月25日(日)東京MXテレビの都議会バラエティ番組「トウキョウ元気計画研究所」 の「安全なランニング」を研究する回に出演します。

12月25日(日)
19時30分〜20時30分

再放送12月31日(土)
13時〜14時

クリスマスと大みそかというゴールデンな時間に放送します。

2016/12/07
12月8日(木)の斉藤あつし議員、一般質問は15時41分(予定)から。

本会議での一般質問の時間帯はあくまで予定で前後する場合はありますが、15:41くらいから10分間です。インターネット中継が東京都議会ホームページ内でありますのでお知らせします。

2016/12/05
12月8日木曜午後に斉藤あつしが一般質問します。

インターネット中継がありますので見て下さい。

2016/11/01
11月29日(火)「都民とともに進む!都議会民進党の集い」パーティのご案内

JR新宿駅西口
京王プラザホテル
5階コンコードボールルームにて午後6時開場

午後6時30分開会の「都議会民進党の集い」が行われます。参加ご希望の方は斉藤あつし事務所に電話(042-341-0915)またはFAX(042-341-6921)でお名前、ご住所をご連絡ください。正式なご案内状と振込用紙等をお送りします。
(郵送の都合で11月24日(木)までにご連絡ください)
会費お一人様10,000円です。  

2016/10/15
10月8日 豊洲問題緊急都政報告会に多くの都民にお越しいただきました

このHPで告知した豊洲問題の緊急都政報告会には雨天にも関わらず、想定以上の多くの都民の皆さんにお越し頂けました。ワイドショーでかなり詳しく報道されていましたので、それを凌駕するようなネタも入れましたので1時間半たっぷりの報告会でしたが、最後まで熱心にお付き合いいただけました。

2016/09/29
10月8日(土)「豊洲問題の裏側を話す!斉藤あつし 緊急都政報告会」を開催します。

10時〜11時30分 美園地域センター(小平駅南口徒歩5分)。入場無料。
可能ならば事前に事務所(☎042-341-0915/FAX341-6921)で出席をお知らせ下されば、助かります。

2016/09/29
10月4日(火)都議会本会議で代表質問が13時〜あります。

都議会民進党の質問は尾崎大介幹事長です。10月5日(水)一般質問も13時〜で、都議会民進党からは中山ひろゆき(台東区)が質問します。都議会HPでネット中継されますので見て下さい。

2016/08/12
夏季休暇のご連絡

斉藤あつし事務所は、夏季休暇の為に8月13日(土)~21日(日)までお休みします。
22日(月)から通常営業となります。宜しくお願いします。

2016/06/05
6月6日(月)10時 テレビ東京出演番組放送

6月6日(月)午前10時放送のテレビ東京の都議会各会派政調会長番組に出演しました。
50分間の番組に都議会自民党、都議会公明党、共産党都議団の政調会長らと6月2日に収録し、6月1日からの都議会定例会の焦点や知事の所信表明について討論しました。

2016/05/30
6月1日 都議会定例会は1日(水)から

1日は午後1時より本会議で、そのうち都知事の所信表明は35分間です。議員はこの日は質問できず、7日(火)1時からの会派の代表質問、8日(水)1時からの一般質問で質問します。
傍聴席に入るには傍聴券が必要です。1時間前の12時より議会棟2階議会受付にて186席分配布しますが、各議員の紹介枠もありますので斉藤あつしも含めてお知り合いの議員がいらっしゃいましたら各会派の受付(議会棟5階)へお問合せ下さい。

2016/05/30
5月28日 斉藤あつし議員生活20周年記念報告会・総会・パーティーに多くの皆さまにお越し頂きました。

ルネこだいらでの斉藤あつし議員生活20周年記念報告会に多くの皆さまにお越し頂きました。遠方より支援団体や都議会民進党の仲間、他会派の生活者・ネットの方々の他、市議会初挑戦時代の支援者の皆さんも多数おいで頂きました。
都政報告、20年の歩みシアターなど盛りだくさんでした。斉藤あつし、これからも頑張る決意を新たにしました。

2016/04/22
4月22日(金)民進党第19区総支部がはじまる

4月22日(金)コール田無での19:00からの民進党東京都第19区総支部結成大会をもって民主党東京都第19区総支部から民進党の総支部に切り替わります。
27日(水)には民主党東京都総支部連合会(都連)も結成大会により民進党の東京都総支部連合会となります。今後は民主党東京都小平市支部も民進党東京都小平市支部になります。

2016/04/22
ゴールデンウィーク中の事務所の営業

4月29日(金)〜5月1日(日)、5月3日(火)〜5月8日(日)がお休みです。
2日(月)は郵便等通信物の確認もあるので通常営業しますが、6日(金)のみ臨時休業します。

2016/04/22
民進党結成に伴い党員・サポーター募集

この度の民進党の結成に伴い、5月20日(金)を小平市支部の応募締め切りとして党員、サポーターを募集します。
詳しくは後日この欄で紹介させて頂きます。