お問い合わせ

9月13日東京社会福祉士会でPAPSというポルノ被害者支援団体の講演がありました。

2018年9月15日

9月の東京社会福祉士会で定例会がありました。初めてここでNPO法人のPAPSという団体の活動について、田口道子理事長から講演がありました。この団体は「ポルノグラフィティの制作、流通、消費等を通じて、あるいはその影響を受けて生じている様々な人権侵害や性暴力の問題について議論、調査、検討しこの問題を社会に広く訴えていくことや、ポルノひかを受けた方の被害者支援を、行うことを目的とする。」もので、婦人保護施設職員、児童施設職員、ソーシャルワーカー、弁護士、人身取引被害者救援スタッフにより、2009年に活動を開始し、最近NPOになりました。
この団体はPeople Against Poqnography and Sexial Violence の略で、騙しや脅迫によるアダルトビデオ出演の強要被害相談、支援をしています。この問題において、2015年には、撮影を拒否した女優に対して撮影中止の賠償で2460万円をプロダクションが請求した裁判において、弁護士らと請求却下をPAPSは勝ち取りました。この裁判はマスコミに注目され、問題も表面化しました。
現在、500件以上の相談実績があり、損害賠償請求却下だけでなく、画像データ拡散阻止、メンタルサポートなどをしています。被害対象は大学生が騙されるケースが多く、大学での公報活動、講演活動を行っています。
ただ、十分な補助金があるわけではないのが課題です。

カテゴリ[未分類 ] |   コメント (0)

6月17日 自殺予防対策相談を東京都がLINEで受けた結果は❓

2018年6月17日

今日は私が懇意にしているNPO法人メンタルケア協議会の2018年度総会と事業報告会に行ってきました。このNPOは、東京都精神科救急医療情報センター、東京都自殺相談ダイヤル、自殺未遂者対応連携支援事業の他、茨城県、山梨県での電話相談をしている組織です。相談は200人以上の多数の臨床心理士や精神保健福祉士が、交代で行っています。
今回、事業報告会のメインは昨年10月に発覚した神奈川県座間市での自殺志願の女性中心に9人を次々と殺害した事件を受けて3月19~31日に17~22時にLINEで行った報告でした。全体で844アクセスで、10~30代だけで293件を占めて女性が男性の5~10倍でした。電話相談よりアクセスは多いですが、課題は相手の声やトーンで年齢や性別に確証が取れないことです。電話は平均20分で色々聞けますけどLINEは1時間以上で確証ある情報が少ないのも問題です。
あくまでもLINEはツールだと言うことです。本当に助けるなら生身の人間相手てあるなら訪問や電話も必要だと言うことです。

カテゴリ[医療,未分類,福祉 ] |   コメント (0)

東京都の障害者就労支援は民間より遅い⁉元議員としても反省。

2018年6月3日

先週、偶然吉祥寺で見つけた吉祥寺駅北口のなかみち通りにある株式会社「マジョルカ(HP www.majerca.com)」という全国の障害者就労支援B型事業所(通称は障害者の「作業所」)からの製品を集めたセレクトショップを見つけました。自分のB型施設の為に社長とお会いしました。

期せずして東京都の福祉保健局が主催する「KURUMIRUクルミル」の説明会がありました。都内の作業所のオリジナル自主製品を集めた店です。新宿の都議会棟の1階と錦糸町丸井、立川の伊勢丹3階にあります。一定の基準、規格が出店にはあります。2016年に募集開始しと2017年に開店しました。

しかし、先程のマジョルカは2014年に始まっています。KURUMIRUも東京都は頑張っていると思いますが、民間の株式会社がすでに先行してやっているというのは残念でした。都議会では何年も厚生委員会いましたが、民間が先行していたのに気が付かなかったのは反省です。東京都が後追いになって税金でやっているのは何ともスッキリしない話です。東京都が悪いとは言いませんが、民間に先んじて行政が本来は先行して民間を引っ張るべきでした。私ももっと早く提言すべきでした。まだまだ気づくべき課題があるかもしれません。

 

カテゴリ[政治,未分類,福祉 ] |   コメント (0)