お問い合わせ

10月6日 八王子ダルクフォーラム行って良かったです❗

2018年11月24日

八王子にあるダルクDARC(薬物依存リハビリセンターの略称。全国約60箇所ある民間の覚醒剤等の依存症回復支援の民間施設。制度としては生活介護等を提供する事業所などになる。)の第1回のダルクフォーラムが南大沢で開催されました。午後から参加しましたが、八王子市南大沢文化会館がほぼ満席でした。
小平市の国立精神・神経医療研究センターの薬物依存研究部部長の松本俊彦医師(先日のテレビ朝日の「相棒」で登場した覚醒剤中毒のシャブ山シャブ子の描き方について間違えた依存症イメージを広めないか懸念した解説をネットニュースや東京新聞でしていました。)が基調講演しました。とても分かりやすく、面白かったです。薬物依存(addiction)は孤独や不安の隙を突いて来る。薬物依存に走らない、再発しない為には他人とのつながりで薬物に走らないでもやっていける環境作りが肝心で、addictionの対義語はconnection「つながり」だと言う話でした。
利用者の発表の他、活動紹介がありました。ゲストスピーカーで、覚醒剤で逮捕されて俳優を辞めた高知東生氏が登壇しましたのは驚きました。今は仲間と共にリハビリしているそうです。
とても勉強になりました。

7月23日東京の暑さ青梅市で40度超え 東京消防庁大忙し

2018年7月24日

連日の猛暑はニュース見なくてもわかる災害みたいなものです。青梅市辺りは涼しげなイメージですが、東京新聞の記事では40度超えみたいですね。驚きです。

私が東京消防庁の救急隊員の実習乗務したのは看護学校の夏休み期間内を使った為に平成6年の8月でした。新宿消防署や偶然にも小平消防署でしたが、当時は熱中症搬送は日に1件くらいでした。今年は搬送数も記録破りだそうです。

熱中症対策で水を飲むのはいいですが、血中の電解質が汗で失われたのは補えません。そこでポカリスエットがオススメです。ポカリスエットは電解質の補充も可能です。ポカリスエットは元々は点滴に使う生理食塩水を点滴ボトルから手術後へとへとになった外科医が直接飲んでいたのを見た大塚製薬の営業マンの経験をヒントに開発されたと言われています。ただのスポーツドリンクではないので赤ちゃんの夏の水分補給に都立母子保健院(私の看護師実習先。今は閉院して府中の多摩小児総合医療センターに統合)の小児科医も薦めています。

6月17日 自殺予防対策相談を東京都がLINEで受けた結果は❓

2018年6月17日

今日は私が懇意にしているNPO法人メンタルケア協議会の2018年度総会と事業報告会に行ってきました。このNPOは、東京都精神科救急医療情報センター、東京都自殺相談ダイヤル、自殺未遂者対応連携支援事業の他、茨城県、山梨県での電話相談をしている組織です。相談は200人以上の多数の臨床心理士や精神保健福祉士が、交代で行っています。
今回、事業報告会のメインは昨年10月に発覚した神奈川県座間市での自殺志願の女性中心に9人を次々と殺害した事件を受けて3月19~31日に17~22時にLINEで行った報告でした。全体で844アクセスで、10~30代だけで293件を占めて女性が男性の5~10倍でした。電話相談よりアクセスは多いですが、課題は相手の声やトーンで年齢や性別に確証が取れないことです。電話は平均20分で色々聞けますけどLINEは1時間以上で確証ある情報が少ないのも問題です。
あくまでもLINEはツールだと言うことです。本当に助けるなら生身の人間相手てあるなら訪問や電話も必要だと言うことです。

カテゴリ[医療,未分類,福祉 ] |   コメント (0)