お問い合わせ

3月29日この3月は、介護も障害者福祉も制度改正の大変な月

2018年3月29日

平成30年度からは、介護保険の家事援助は各市区町村が細かいしくみを作った総合支援事業の中でヘルパーを派遣する制度がスタートします。しかし、これは国の介護保険の費用が高齢者増加に対応する為に10時間程度の講習で養成したヘルパーです。よく知られるヘルパーの2級の130時間の講習の1割の勉強量ですから、受講者も様々な場面に対して不安なため、具体的にヘルパーステーションの雇用に繋がっていません。
一方、障害者の働く訓練の場も、29年度どのくらい就労できたか、何時間働いたか、いくら工賃出したかが、30年度の施設の収入単価基準の基になるという改正です。障害者にはやる気があっても疾病の性格で長時間働けない身体障害や難病、精神障害者がいますので、重い障害者を受け入れている施設が正しく評価されるのか心配です。また、詳しい話は3月下旬に資料が出てくる相変わらずの準備期間無しの状態です。新しい収入算定に合わせて施設改革する暇は与えられません。今日も今から文京区にある東京都の研修センターで、障害者の在宅介護の説明会です。昨日は就労施設の説明でしたので連日です。昨日来ていた若手は「障害者福祉に政治力必要」と言っていました。確かにね。

カテゴリ[政治,福祉 ] |   コメント (0)

コメントお待ちしています。