お問い合わせ

5月20日 ヘルパー制度逆戻り

2018年5月20日

平成30年度に向けて介護保険制度は様々な部分で改定が進んでいました。研修時間12時間~20時間程度の「認定ヘルパー」制度を市区町村は進めて来ました。研修はシルバー人材センターなどが実施していました。小金井市でも20人程度の受講者がいました。

しかし、実際には介護事業所に登録したのは一人もいませんでした。他の市がそこまで少なくはありませんでしたが、歩留まりはいいものではありませんでした。

一方、国の厚生労働省は今年10月辺りを目処に「家事支援ヘルパー制度」を導入予定みたいです。研修時間は65時間程度。つまり初任者研修(旧ヘルパー2級)の時間数の約半分の研修で身体介護ができないヘルパー養成を考えています。でもこれはまるで今は介護保険に参入不可の以前の3級ヘルパー制度とほぼ同じ。現在の介護従事者の不足で一周回って同じ制度に戻ったみたいです。

さてはて認定ヘルパー、家事支援ヘルパーとダブルスタンダードになってきたヘルパー資格どう行政は整理つけるのか?現場ではそれより基本資格の初任者研修を公費バックアップでやってくれた方が現実的と声があります。この先どうなるのでしょうか?!

カテゴリ[政治,福祉 ] |   コメント (0)

コメントお待ちしています。